痔を鍼灸治療で治す

痔で悩んでいる人は実に多くいるようです。痔は一般には薬を使った治療が中心となっていますが、最近、評判が高くなっているのが鍼灸治療での痔の治療で、身体のもとから痔の解消をするには最適です。



サイトトップ > 痔の原因

スポンサードリンク

痔を鍼灸治療で治す

痔の原因


痔の原因について、もう少し詳しく説明しておきます。痔は、肛門部周辺の静脈が強く圧迫されて血流が滞ることなどから発症するものです。つまり基本的には血流の病気に属するものだとされ、肛門部の血流を悪化させる状態から痔が誘因されます。


オフィス勤務の事務職やSOHOで籠って仕事をする人などは長時間のデスクワークが日常的となっていますが、ずっと同じ姿勢でのデスクワークや慢性的な運動不足は痔の第一の原因となっています。


この状態では不要な圧力が肛門部にかかり、これが寒い部屋だったりすれば更に血流が悪化してしまいます。これに不規則な生活が加わるともっと好ましくありません。夜更かしをして朝が弱いとやはり血流が悪くなり、こうなると下痢や便秘も引き起こしがちです。


どのタイプの痔においても便の状態というのは大変重要で、軟便でも硬すぎても肛門には悪影響となって痔が悪化します。


特に便秘の場合は食事のバランスの悪さも関係していて、殆どの場合では食物繊維が不足していることや全体的な水分不足が多くなっているようです。


便秘をすると、腸内に便が溜まって、特に肛門部を圧迫するようになり、排便時には必要以上にいきむ事にもなり、イボ痔や切れ痔の原因となります。


逆に下痢は直腸粘膜や肛門部を化学的に刺激し、排便自体に勢いもあるので、粘膜に傷をつくる原因になるのです。肛門への刺激という点では、アルコール類や唐辛子を多用するキムチなどの食品の摂り過ぎも考えられます。


痔を鍼灸治療で治す

MENU



スポンサードリンク